いずさんの ”神社日和 ブログ”

Izusan_jinja Blog

HOME | Blog Corner | 神棚の位置

山の花

やさしい神道

2018.04.30

神棚の位置

神棚は、神さまをおまつりする ”場” です。
明るく清浄なところに設けたいです。 

ブログ画像

里宮 杉の若葉

次の4点に絞って、お話しさせていただきます。 
 1.神棚を設ける場所 
 2.神棚の向き 
 3.2階がある場合 
 4.マンションなどの場合 


1. 神棚を設ける場所


神棚は、神さまをおまつりする空間ですので、明るく清浄なところ
少し見上げるくらいの高さに設けられることをお勧めいたします。 

2. 神棚の向き

北を背にして、神棚の正面が南向きになるように配置するのが一番良いです。
真南を向けるのが難しい場合は、北西から西を背にして、神棚の正面が南東から東向きになるよう向けられるのも良いです。

なぜこの方角かというと、太陽に神棚を向け、お日さまの恵みをいただきたいからです。

3. 神棚の上に二階がある場合


二階建て造りの家で神棚の真上に廊下などがある場合は、神棚上部の天井に「」「」「」など墨書きした紙を貼るのもお勧めです。

雲などを表現することによって、天空と直接つながる、つまり2階の存在を超越する意味あいです。

4. マンションなどの場合


マンションの部屋など、神棚を設けるのが難しい場合は、サイドボードや本棚の上などに小さな宮形を置かれるのもよろしいかと思います。
(参考) 神社を形どった造りのものを「宮形」(みやがた) と呼びます。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最近の投稿

電子書籍の案内

『おとなの神社旅』

(Kindle本)

Kindle Unlimited の対象になっています

電子書籍を、紙に印刷しても入手できます(オンデマンド版)

 

ムック本の紹介

すばらしいお寺・神社 ベスト80